PROJECTS

BIG便DATA VISUALIZATION

project owner :
DENTSU TOPPA!

世の中にある様々なモノがインターネットに接続したり、相互に通信できるようになった。

われわれは、日常のシーンで、人やモノの動きを感知し、解析できたときのクリエーティブの可能性を検証する為に、行動データを取得できるセンサーをいくつか集めてみた。これを、どこでも解析センサーと呼んでいる。

用意したのは、
ドアの開け閉めを感知するドアロックセンサー、重たさを感知する圧力センサー、臭気を感知する香りセンサー、距離を感知するセンサー、回転角度を感知するセンサーである。

これらから取得した行動データを活用し、どういったビジュアライゼーションが生まれるのか、クリエーティブの可能性を探る実証実験プロジェクトを行った。

それが、BIG便DATA VISUALIZATION。
実験の舞台は、みんなの日常の中にあるトイレである。



トイレにおける、人の行動をセンシングする事によって、どういった体験を提供する事ができるのか。我々は音/映像/機械で、クリエーティブの検証を行ってみた。

すると、着座と同時に高揚感あふれる音楽を流すことで聴覚を刺激し心地よくなってもらったり、排便のタイミングで天に昇るような高揚感を与えたり、排便時間を別の形にビジュアライゼーションし今までにない驚きを提供することができた。

加えて、センシングしたデータは解析が可能である。取得したデータを期間で分けて分析し、クリエーティブのA/Bテストを行う事も可能だろう。

トイレに限らず、行動データと我々のアイデアを掛けあわせることによって、日常をもっともっと楽しくすることができる。

これを見て、センサーを活用したクリエーティブに興味を持った方は、アイディエーションであなたの可能性を最大化させる「DENTSU TOPPA!」まで是非連絡して欲しい。




協力:株式会社STARRYWORKS