PROJECTS

節電報

project owner :
DENTSU TOPPA!



「節電報」は、日常生活の中で楽しみながら節電を促すことができるウェブサービスです。
Webカメラを使って、部屋の明かりが消えているかどうかを判別できるシステムによって実現しました。

楽しく節電を促す、つまり節電をエンターテイメント化するのが節電報のミッションです。そこで、インターネット上で最も活発に行われていること...「メッセージのやり取り」に注目しました。メッセージのやり取りに「電気を消す」というアクションを入れることで、インターネットを利用する人々が少しずつ、楽しんで節電に貢献できれば、きっと世の中はよくなるはずです。

節電報はウェブで利用できる新しいタイプのメッセージングサービス。
好きなメッセージを入力すると、FacebookやTwitter、メールに貼付けることができる
短いURLを発行します。

送られてきたメッセージは、このURLをクリックすることで閲覧することができます。
URLをクリックすると、節電報のマスコットキャラクター「節伝書鳩のスイッチョフさん」がメッセージを届けてくれ、部屋の電気を消すことを促します。



節電報はウェブカメラを利用して、部屋の明るさを測定しています。
部屋の電気を消すことで、メッセージが星座のようにロマンチックに浮かび上がります。
結果サイトの立ち上げから2週間の間に、
節電報の利用者によって実際に電気を消されていた時間は4時間以上にもなりました。



伝言鳩のスイッチョフさん